おもしろ塗装工房
おもしろ塗装工房は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料をお届けする、塗装のプロショップです。
おばあちゃんの形見(和裁台のリペイント) NO2
 

だいぶ更新が遅れてしまいましたが

おばあちゃんの形見のテーブル完成しました。


おばあちゃんの着けた傷の名残も残ししつつ、
木地の素材を生かした、家具では一般的な
全消し仕上げに仕上げました。




写真



イイ感じに仕上がりました。




これで改めて命を吹きこみましたので、何十年もご使用になれるでしょう。
大事にお使いになっていただけるとを願っております。







○○さま


大変お待たせいたしました。




category:[家具]テーブルのリペイント 02, 11:44
-, -, -
おばあちゃんの形見(和裁台のリペイント) NO2
 


先日、2回目(写真撮るの忘れました・・・)
のウレタンサンディングを吹いたので
今日は仕上げ前の、研磨作業をしていきたいと思います。





この作業は中塗りに乗ったほこりや、ブツを平らにするという役目や
トップコートとの密着をよくするための
重要な作業になります。


綺麗に吹けていたのでもったいない気もしますが・・・
研磨します。
#500のベルトサンダーで研磨していきます。
ベルトサンダーではない場合ミニサンダー  #400→#600(布ペーパー)で研磨してください。

こんな感じになりました(写真上)


次は最終仕上げのウレタンフラットを吹いていきます。

 

今回は多少のおばあちゃんの名残を残したいという意味で
多少の傷を残しています。

そのような傷は「艶あり」よりも艶消しの方が目立ちにくく
なおかつしっとりした仕上がり感が出るので
今回はウレタンフラット(艶消し)を選択し吹いていきます。
200ml(主液)50ml(硬化剤)100ml(薄め液冬用)の混合比で十分余りました。


まずは前日裏側を吹いていたので
今日は表側(天板)と小口を吹いていきます。(写真上)
出来る限りたっぷり目に塗料を乗せていきます。


使用スプレーガン:明治F110ーGT(1.3口径
を使用しています。
このスプレーガンは家具や車などの塗装に適していて
下地からトップことまでこの一台で塗装することができます。

さ〜これでじっくり乾燥させれば完成です。

楽しみですね!

完成間近!!





category:[家具]テーブルのリペイント 02, 08:57
-, -, -
おばあちゃんの形見(和裁台のリペイント) NO2
 

今日はベルトサンダーで表面のトップコートを削る作業です。



#400のペーパーでトップコートだけを軽く研磨していきます。
一般の方が行う場合は
ミニサンダー布ペーパー#400ペーパーをあてて、トップコートを研磨していきます。





ウレタンサンディング吹きです。
本来であるなら、ワインピングもしくは色止めシーラーを吹きたいところでしたが
今回の素材は導管が小さくピンホールする可能性が少ないことで
ウレタンサンディングから吹くことにしました。

主液100ml硬化剤50ml薄め液(冬用)75ml  2:1:1.5
合計225mlをよく撹拌して吹いていきます。
上記量で少し余るレベルでした。

使用スプレーガン 明治F110ーG(口径1.3mm)使用しています。




category:[家具]テーブルのリペイント 02, 14:04
-, -, -
おばあちゃんの形見(和裁台のリペイント)
 

おばあちゃんの形見の和裁台のリペイントです。
生前おばあちゃんが使用していた、和裁台を、
イメージをそのままに、リペイントしたいというお客様からのお問い合わせでした。





ルレットやチャコによる傷跡が随所に残る、想いいれのある和裁台ですね!

この傷を多少残しての再塗装となります。







category:[家具]テーブルのリペイント 02, 13:01
-, -, -