おもしろ塗装工房
おもしろ塗装工房は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料をお届けする、塗装のプロショップです。
テーブルのリペイント
 今日は、ワイピング(着色)作業です。

ワイピング(ダークブラウン色)を刷毛にたっぷり染み込ませ
木目に染み込ませるように塗っていきます。


写真

今の時期は温度が高いため、塗料の乾燥が早いので
今回は半分づつ塗り分けていきます。
写真

スピーデーに塗ったあと
ウエスで素早く塗料(ワインピング)拭き取って行きます。
その時に注意したいのは、木目の中にワイピングをすり込んでいくイメージで
拭き取って行きます。


車のワックス掛けのように円を描くように拭き取ります。
わかります?


しっかりと拭き取ったら
反対側を同じように刷毛でワイピングを塗っていきます。
写真


写真


塗り終わったら先ほどと同じ、ウエスで綺麗にワイピングを拭き取って行きます。

するとダークブラウンのように濃い目のカラーに着色されているのがわかります。






数時間ほど乾燥させると
粉が吹いたように白っぽく変化します。
これが乾燥した合図。



乾燥したら
ウレタンサンディングを吹いていきます。写真



写真


<中塗り>
ウレタンサンディング
2(主液):1(硬化剤):1.5(薄め液夏用)の混合比で吹いていきます。



使用スプレーガン:明治F110ーGT1.3口径(チューリップ式)です。
このガンは、大きめのものや車などを吹くのに便利なスプレーガンです。


サンディングは今回は主液400ml作っていきました。

主液400mlということは 2:1:1.5の配合なので 
400ml(主液):200ml(硬化剤):300ml(うすめ液夏用)
での割合になるため合計量 900ml作ったことになります。

吹き終わった時点で今回は200mlぐらい余っちゃいました。


ここで注意したいのは、木目の導管にしっかりとワイピングが入っていないと
ピンホールが起きやすくなるため、しっかりとワイピングで導管にワイピングを染み込ませること。
そして、導管にウレタンサンディングを染み込ませるように、たっぷりとゆっくり手を動かして
吹いていきます。

この時のガンの位置はテーブルから約7cmほど離して吹いています。
写真参照


イイね〜いい感じですぞ!

category:[家具]テーブルのリペイント, 15:25
-, -, -